スポンサーリンク

あなたは高すぎる住民税の支払いの事で悩んでいませんか?

お金の悩みはストレスがとても大きいですから本当に大変ですよね。

私も同じ境遇だったので、とても気持ちが分かります。

ただ、その悩みをそのまま放置しておくと、後々、あなたがさらに苦しくなってしまいます。

今回は、そんな悩みを解決した方々の体験談をまとめましたので、ぜひ参考にして下さい。

【体験談1】

私の場合はとりあえずホームページ等で減免ができるかどうかチェックして、窓口へ納付相談に行きました。減免の対象にはならなかったけれども、納付の猶予等ができると教えてもらいました。ただ、その時は第1期の期限前だったので、「期限が過ぎて、支払えなければまた来てください」と言われ、再度後日窓口へ。就職活動はしているけれどなかなか見つからないこと、借金があること、手持ち現金が現在5000円しかないことなどを話し、財産(自己所有の土地建物、車、定期預金など)もないことなどを口頭で確認されて、毎月これぐらいなら払えるという金額を相談し、来年の5月までの9回払いで支払っていくということになりました。減免後もどうしても払えなくなったら、窓口に相談に来てくださいとも言われました。例えば来月に確実に収入が合って支払えるなら、1ヶ月後の期限の納付書を発行したりもできるそうです。ただ、市民税は逃げきれません。以前勤めていた会社で、某市の職員さんが追跡調査に来られてました。

【体験談2】

住民税が高いかどうかは済んでいる場所によるため、どうしても住民税を安くしたければ安いところへ引っ越すと良いと思います。住民税を払わずに放置すると、市役所や町役場から封筒が届きます。封筒の内容は未払いとなっている「住民税の金額」と「収納期限」が書かれており、払えない場合には窓口まで相談に来るように書かれていたりします。文書での通達を無視していると自宅に電話がかかってきます。無視を続けると「財産の差し押さえ」などとなってしまいます。基本的には払う意思を示しておけば、すぐに差し押さえになることはないと思います。私自身の経験でも「5月の中旬には支払えます」と自分から役所に電話をかけたところ、「事前にお電話を頂いた場合には、本来の支払期限に間に合わなくても、支払いを待つことは可能です」と丁寧に対応してくれました。住民税に限らず、国保や国民年金などに関しても、手紙や封筒などが届いているうちに相談に行くようにしましょう。基本的には支払いを待ってくれたり、分割して少しずつ払っていくなどの措置を検討してくれます。

【体験談3】

住民税とは、住民票の住所とは関係なく、実際に住んでいる住所の市区町村に支払う税金のことです。

道路やインフラの整備のために使うお金、ということになります。

ふるさと納税することで住民税を節税することができます。

ふるさと納税先の市町村にお金を払って寄付をすることで住民税は安くなりますが、お金を払うということを忘れないように、気をつける必要もあります。

住んでいる住所で税金が発生する、ということは、もちろん学生にも納税の義務があります。

学生アルバイトにかかる税金は住民税と所得税があります。

住民税は市町村に支払う税金なので地方税。

所得税は税務署に支払う税金なので国税になります。

アルバイト収入103万以下で税金がかからない、というのは所得税のことを意味しているので、住民税はかかります。

学生がアルバイトで納税するのは大きな負担がかかり、払うことができずに放置してしまうことも考えられます。

ただ、勤労学生控除を申請すれば減額されるようです。

このような制度を知っているだけで、負担が軽減されるので、利用できるものは利用すべきだと思います。

【体験談4】

会社を退職した翌年に市役所から住民税の支払い通知が来たので内容を読んでみると、あまりにも金額が大きいので驚きました。住民税の金額は前年度の所得で決まるために、退職して無職になった時の負担は今まで以上に大きく感じました。またこちらから振込用紙を持参して金融機関で支払う必要があったのですが、通知を受け取ってからしばらくすると住民税のことはすっかり忘れてしまいました。しかし支払期日が過ぎてから数週間後に、市役所から催促の通知が来たので仕方なく市民税課に問い合わせました。そして会社を退職して無職状態なので支払いが困難なことを伝えると、分割して支払えることを教えてもらいました。そこでとりあえず半分だけを支払った後で、残りの金額は家財を現金化して工面することにしました。自宅にはアニメ関連のDVDやフィギュアがあったので、買取ショップに持ち込みました。そして5万円で買い取ってもらえたので、そのお金で無事に住民税を全額支払うことに成功しました。

【体験談5】

民税は前年の収入で金額計算されるので年収の良かった年の次の年は住民税が高くなりす。

その為、退職や転職で収入への変動が大きくなったりすると住民税が一括で請求がきた場合は払っていくのが本当に大変になります。

支払えないと催促の通知が来てしまいます。

そのまま放置していると差し押さえなど本当に大変なことになる可能性があります。

住民税の請求が来たときに支払いが難しいと感じた場合は必ず役場の方に相談しましょう!!

分割納付というのがあり、金額も相談しながら支払うことができます!

住民税の金額は保育料などの計算にも関わってくるので扶養がいたり配偶者がいる方、ふるさと納税をしている方は控除申請ができるかと思うので税金対策として有効だと思います!

もしお子さんがいるなら扶養につける際に旦那につけるのか嫁につけるのが得なのか収入で変わってくると思うので役場の方に相談すると最適な方法が聞けます。

会社員の方でもスーツなどや、医療費なども控除申請できるのでしっかりと調べて税金対策をしていくといいと思います。

なかなか役場の方からのお得情報を出したりはしてないと思うので

自分から対策を聞きに行く行動が必要だと思います!

 

今回の体験談のまとめは以上になります。

あなたの悩みが解決して心が楽になる事を祈っています。

スポンサーリンク